国家法律

国家法律システムの考慮

1945年09月30日、ベトナムは解放されるようになってから、マルクス・レーニン思想の幾つかの大きな修正を付け、民法に基づき、主義社会法律システムを開発してきている。

  • 法律は最も重要な法律元である。
  • 裁判所は立法機関に所属し、法律の規則に基づき、決定を出さなければならない。
  • 共産党はベトナムにおける唯一の政治党であり、政策を作成し、将来の規定の変更を決定できるものとする。

法律及び法的価値

2015年、ベトナムの法律システムを再構造するために、ベトナム国会は法的規範文書の公布に関する法律の規定第80/2015/QH13 号を許可し、2016年07月(法律80)から有効があるものとする。

法律80は法的規範文書の形態と立法過程に関するの規定からなる。その中で、他の法的価値を持っている多くの法的規範文書を含めているものとする。

法律80の第四条には法的規範書類を具体的に規定し、15レベルの価値に分別されるものとする。その中で、憲法は最高の法的効力を持っている。

以下の目録はベトナムの法律システムの一般的な法的文書を挙げられ、順番は法的効力は減るというのである。

  1. 憲法
  2. 規定、国家の法律と議定
  3. 国会常任委員会の法令と議定
  4. 大統領の命令と決定
  5. 政府の議定
  6. 首相の決定
  7. 最高裁判所の裁判官評議会の議定
  8. 大臣及び各省機関の指導者、最高裁判所の裁判官、最高検察院の院長の通達
  9. 省庁レベルの人民評議会の議定
  10. 省庁レベルの人民委員会の決定

国際条約

国際条約がベトナムの法律システムの発展事業には重要な役割を担い、法律の元である。国会によって許可された後、国際条約は法律の元になるものとする。説明し、内陸法律に条約の規定を法化し、許可された条約に反対する実行規定に代わるために、幾つかの法的規範文書は公布される。最後、政府に所属している有権のある機関は許可された条約と公布される新法的文書に基づき、実施するものとする。

法的環境

ベトナムを投資家に対する魅力な投資先にするために、ベトナム共産党と国家は営業法律をはじめ、法的環境の改善、法律発展に取り組んでいる。営業環境の自由化に向けて、法律改新は継続的に実施される。その中で、成長、効率及び競争能力を向上されるための経済の再構造は最も重要な役割である。

国内法律

2017 年01月01日は重要な日であり、2015年の新民法(民法)は有効がありはじめる。法律システムにおける一貫性を強化させ、主体の民事権をもっとより保つために、この民法はすべての民事と営業との関係を調整される法律の基礎になる見込む。

例えば、民法にはすべての他の法律は民法の規定に反対してはいけないことを明らかに表す。

法的争いの場合、民法の規定は有効になっているようになるものとする。2005年の旧民法には当規定がなかった。

また、本民法にはベトナム裁判所が民事問題を解決しないといけないと規定するのははじめてである。理由というと、現在この問題を規定する実行法律規定がないものだ。本民法には各裁判所が最高裁判所の判例、あるいは法的問題を解決するために使用する規則、習慣及び相当法律がない時の原則に基づき、決定を出すものとする。

 

他には、投資法の修正・補足法律は2017年01月01日有効になったものとする。条件を持っている営業・投資の業界の数が減っていって、267から243になってきた。本法律を通じて、ベトナム国家が法的障壁を削除し、ベトナムに投資すること激励することに対して取り組んでいると分かってきた。2017年、2016年07月29日に許可された議定第22/2016/QH14 号に基づき、国家は国内中小企業に応援する向けの法的規定を許可すると見込む。本法律は営業激励の法的規格になると期待される。

自由貿易協定

ベトナムは投資家を誘致し、国際経済合流を促進するために、自由貿易協定(FTA協定)を実施することを誓約する。世界貿易組織 (WTO) 及びASEAN経済共同に参加する以外、ベトナムは,他の国と12つのFTA 協定を締結し、10つの協定が有効があっている。

  • 6つの多様協定(ベトナム・ASEAN, ASEAN・中国、ASEAN・韓国、 ASEAN・日本、ASEAN・インド及び ASEAN・オーストラリア・ニュージーランド)
  • 4つの双方協定(ベトナム・日本経済パートナー協定、ベトナム・チリ双方FTA協定、ベトナム・韓国FTA協定、及びベトナム・Eurasian 経済評議会FTA協定)

次の2つの協定が締結された。

  • ベトナム・EU のFTA協定
  • 太平洋パートナーシップ協定

2006年11月07日、ベトナムは正式にWTOに加盟し、2007ねんん01月11日から誓約は有効になってきたものとする。ベトナムはWTOに加盟するのは次のようにベトナムの市場と経済に積極的な影響を与えてきた。

  • 国内生産、個人消費向けの商品に対して著しく輸入税を減少するものとする。
  • ベトナムのサービス市場を自由化する。禁止され、海外投資を制限された配布、運輸、通信、金融は現在自由化されるものとする。

企業法

2014年の企業法に基づき、企業を設立ために、最初、海外投資家は投資登録証明書(IRC)を申請する書類を提出し、それから営業登録許可書(ERC).を申請しなければならない。2015年07月01日から企業法は有効になってきて、ベトナムにおける企業の設立、組織、再組織、管理 及び解体に関する課題を規定しているものとする。

海外投資に対する一般的な企業の形態

有限会社 : 有限会社は最低の1員、あるいは最多の50員によって設立される法人である。有限会社の所有者は有限会社の借金及び金融義務について責任を負う。

有限会社は株式を発行しないで、各所有者から資金を出し合い、調達するものとする。有限会社は一人の代表者でも、多くの代表者でもいい。

一員有限会社は一人の所有者がいる有限会社である。会社の所有者は個人、あるいは組織であり、管理組織構造及び会社の運営に関する決定権について制限しないものとする。

個人あるいは組織の所有者によって、一員有限会社の管理組織構造が違うようになる。一員有限会社の所有者は個人だったら、会社の管理組織構造は会長と社長(総社長)などを含む。

会社の会長は所有者であり、社長が常日の一員有限会社の活動を運営する時、包括的に管理する。会長は社長という役職を兼任し、あるいは他の個人を採用し、一員有限会社の社長を任命するものとする。

所有者は組織の場合、会社の管理組織構造のモデルが2つある。一番目のモデルは会長、社長(総社長)及び監査役など含む。

会社の会長は個人であり、所有者によって任命され、一員有限会社の社長が負担している権利及ぶ義務以外、所有者を代表し、権利及び義務を実施する。社長は会社の会長によって任命される役職であり、一員有限会社の常日活動の運営を行う。会社の会長は一員有限会社を直接に管理する場合、会長は自分に社長という役職を任命することが出来る。一方、他の個人を採用し、一員有限会社の社長を任命することが出来るものとする。

社長の最大限の任期は5年間である。社長任期が終わってから、再任命されることが出来る。社長の権利及び任務は一員有限会社の定款、又は企業法に沿って、規定させるものとする。

監査役は所有者によって任命される。所有者は監査役の数を決定するものとする。監査役は監査し、所有者に直接に報告するために、すべての書類及び資料を監査することが出来る。監査役の最大限任期は5年間である。

組織の所有者は二番目のモデルに沿って、構造を行うことが出来る。そのモデルはメンバー評議会、社長(総社長)監査人民委員会からなる。このモデルと一番目のモデルとの違いはメンバー評議会である。

メンバー評議会は3員から7員までのグループであり、所有者によって任命され、所有者を代表し、会社に関する決定を実施し、許可する。メンバーのメンバーの最大限任期は5年間である。メンバー評議会の指導者はメンバー評議会会長であり、所有者によって任命され、メンバー評議会によって選択される。

二員有限会社(多員有限会社)は2員から50員がいる有限会社である。会社の管理組織構造はメンバー評議会、メンバー評議会会長、社長(総社長)、内部監査委員会など含む。11員以下の多員有限会社の場合、内部監査委員会を設立する必要がない。

多員有限会社の各所有者はメンバー評議会を設立し、このメンバー評議会がすべての多員有限会社の権利・義務に関する決定を負担するものとする。メンバー評議会はメンバー評議会会長を選択する。メンバー評議会会長は社長を兼任することが出来る。

株式会社 :  株式会社は最低の株主によって設立される法人である。株主の数は制限しないものとする。こらは一つの有限会社と株式会社との違いである。設立した後、株式会社は株式譲渡による3株主以下含めれば、この会社は有限会社に変化しなければならない。

ベトナム法律に基づき、株式会社は株式を発行できる唯一企業の形態である。それで、株式会社は株式を発行し、販売する方法により資金を調達することが出来る。株式会社における株主の株式譲渡は有限会社のメンバーの譲渡より簡単だ。これはもう一つの有限会社と株式会社の違いである。株式会社の管理構造は総会、取締役会、取締役会長、社長(総社長)及び監査委員会など含む。株式会社は11株式以下いれば、監査委員会を設立する必要がある。

実行企業法に沿って、参加する株主が最低の会社の投票券の51%を代表するとき、総会を行われるものとする。この割合は旧企業法の規定の65%から減少した割合である。また、実行企業法は取締役会の独立メンバー(規格、条件、独立メンバーの任期)に関する規則を附則する。独立メンバーは株式会社の管理に直接に参加していないメンバーである。実行企業法は総会が直接に取締役会長を投票する規定を解除し、一つの企業総社長は他の企業の総社長の役職を兼任してはいけない。

合併会社: 企業法に基づき、合併会社は特別な法人である。合併会社は合併メンバーと資金出し合いメンバーを含む。合併メンバーは組織じゃなく、個人であり、合併会社の借金及び他の金融問題について制限のない責任を負うものとする。資金出し合いメンバーは組織と個人でもよく、合併会社に出金している資金について制限のある責任を負わなければならない。

合併会社は最低の合併メンバーを含まなければならない。他の合併メンバーは合意しなければ、合併メンバーは他の民間企業の所有者、あるいは合併会社の合併メンバーになることが出来ない。

他の海外投資形

有限会社、株式会社、合併会社は海外投資家が設立し、参加することが出来る企業形態である。しかし、ベトナムの法律に基づき、海外投資家は他の形式でベトナムに投資できる。例えば、支社、駐在事務所、経営協力契約書(BCC)及び公的投資契約書(PPP)などがある。

海外企業の支社: 海外企業の支社はベトナムが国際貿易条約による誓約している経営分野において、設立され、運営されるものとする。使者の営業範囲は海外企業の営業範囲に沿って、規定される。

駐在事務所: 駐在事務所は付属部門であり、利益を出す向けの貿易活動を行うことが出来ない。ベトナムにおける海外企業の窓口として設立され、市場について研究するものとする。それにより、駐在事務所は海外企業にベトナムに投資する問題に関して応援する役割を担う。

経営協力契約書: 国内外投資家の投資協力協議である。契約書を締結した後、経営協力契約書はベトナムの経営登録機関に対して登録されるものとする。

公的投資契約書: 政府機関とインフラ及び公的サービスのプロジェクトを実施してきた企業との契約書による投資形態である。

実行企業法の新たな点

以前の企業法に比べて、実行企業法は企業登録の手続きを簡約するために、幾つかの変更を挙げられた。具体的な例を挙げるというと、企業法はERC 登録手続きの時間を短縮して、5日から3日に変更してきた。営業業界を変化するとき、企業は経営登録機関だけ通知するものとする。

また、企業は一人の代表者、一つの印鑑以上持つことが出来る。企業の定款に法的代表者と印鑑の数を記録する必要がある。会社の新印鑑を正式に使用する前に、企業は新印鑑のモデルをベトナム国家経営登録ホームページに対して通知ないといけない。そのため、モデルを経営登録機関に送り、通知費を支払う必要がある。

実行企業法の一つの重要な変化は企業の再構造手続きの簡約である。以前、企業の合併、購買、分配などのような再構造の手続きは同じ企業形態を持っていた企業をお互いに行った。しかし、実行企業法の第九章によると、このような条件を解除した。現在、再構造は違う形態を持っている企業に対して実施できるようになっている。

労働法

2016年、ベトナム政府は外国人労働者に関する2012年の労働法を指導する重要な文書を公布した。その中で、ベトナムにおける外国人労働者に関する労働法の幾つかの課題を指導する議定第11/2016/NĐ-CP 号(議定11)及び議定11を指導する通達第40/2016/TT-BLĐTBXH号 (通達40)。次のようにこれらの文書の重点について主に説明する。

労働許可書の対象:  ベトナムで働くのために、外国人労働者は労働管理機関に労働許可書を登録しなけらばならない。違反の場合、労働者がベトナムに追放されるだけではなく、外国人労働者を採用する企業は法律によって罰金されるものとする。

労働法に基づき、国内コントラックター、企業、組織、個人は管理者、執行社長、専門家、技術労働者、ベトナム人が負担できない役職として、外国人労働者しか採用できない。本規定には2つの重要な要求は以下のとおりである。

  • 管理者、専門家、技術スタッフだけ労働許可書を発行されるものとする。ベトナム経済を発展するために、この要求はスキルがあまりよくないベトナム労働者の失業と外国人労働者の誘致の状況を制限することを目指すものとする。特に、これらの規定の例外に通じて、外国人労働者の実戦経験を認証するために、「外国人専門家」という定義が拡大されるようになっている。資格を問わず、外国人労働者は海外企業・組織からの専門家証明書を持っている場合、専門家として認められる。議定第102/2013/NĐ-CP号に比べて、この変更をよく分かってきた。それに沿って、立法家は学術資格を持っていない専門家が海外政府によって認められると要求していた。現在、合法組織・企業によって認められれば、外国人労働者は労働許可書を発行されるものとする。
  • 外国人労働者はベトナム労働者が満たさない役職を負担できる。例えば、Samsung会社はハイテク企業でも、ベトナム人の職業を保つために、法律によりこの会社は外国人労働者を幾つかの重要な役職しか採用できないものとする。外国人労働者はベトナムに入国する前に、労働者を採用する企業は証レベル人民委員会に対して、外国人労働者のニーズについて説明しなければならない。

でも、外国労働者は労働許可についての要求を解除される場合もある。労働許可書は随意だったら、労働管理機関から確認文書をもらうために、労働者を採用している会社は登録必要がある。文書での確認は外国人労働者が労働という目的を持って、ベトナムに入国する時、使用される。一般的に、この規定はかなり詳細で、複雑で、多くの場合のリストを含む。次のような労働許可書を解除される場合は普通である。

  • 一つ目、外国人労働者がベトナムで働き、ベトナムのWTO 誓約書において規定される11グループのサービスで内部移転する場合、労働許可書が解除される。例えば、アメリカDeloitte の関税専門家は労働許可書を申請しなくて、ベトナムDeloitte に派遣され、働くことが出来る。
  • 二つ目、ベトナムに入国し、一回30日と一年間の90日以下という時間に専門家、管理者、執行社長、技術者という役職を負担する人は労働許可書を申請しなくてもいい。

労働許可書発行の手続き: 労働許可書が発行されるように、労働者を採用する企業は労働者を代わり、ベトナム法律の規定に基づき、同道管理機関に登録しなければならない。

外国人労働者がベトナムに入国する前に、労働者を採用企業は法的手続きを完了させるために、有効のある計画を作成するべきだ。一般的に、予定勤務日の2ヶ月前に登録しなければならない。登録する時要求が変化するかもしれないので、労働者と労働者を採用する企業は必要な手続きを用意することが出来る。労働許可書の最大限時間が2年間である。

外国人労働者は他の省の間で転職させる: 通達40が有効になる前に、他の省に転職し、労働許可書の許可書の発行先と違う場合、外国人労働者は新労働許可書絵お登録しないといけない。この要求が期間にかかり、不便である。特に、大きな企業で、貿易網がベトナム全国にある企業で働く外国人に対して、それは大変不便である。この問題を解決するために、通達40に基づき、労働許可書が有効のある外国人労働者は勤務する省の労働管理機関に文書しか通知しないものとする。

しかし、職場を問わず、外国人労働者は労働許可書における仕事と相当する仕事を働かなければならない。例えば、ハノイで技術専門家として働いたが、ホチミン市に転職する時、管理者として働ければ、ホチミン市の労働管理機関に新労働許可書を登録しないといけない。

投資法

海外投資家はベトナムの経済発展事業には重要な役割を担うようになっている。海外投資を誘致するために、ベトナムの立法家はASEAN 経済共同と自由貿易協定一切に加盟する向けの投資改新の規定を出している。

投資誘致に関する法的規格には、投資法が良く注意される。2014年、投資環境の改善向けの突破変更を付いている投資法が公布された。

2016年、投資法の調整を通じて、ベトナムは企業に対する障壁を緩和した。2015年11月12日、ベトナム政府は2014年の企業法(議定118)の実施を指導する議定第118/2015/ND-CP号を公布した

新概念及び範囲の解明:有権のある機関が法的概要を誤解し、重要な法的概要が不足なので、 投資法が公布される前に、投資に関する規定を実施する際に多くの問題が発展した。これは他の機関の法律についての説明が違うことに繋がって、投資登録過程の多くの面が予測しにくくなってきた。したがって、重要な法的概念の解明は投資法の顕著だと評価される。

「海外投資家」と「海外資金経済組織」が良く区別される。投資法に基づき、海外投資家は外国国籍を持っている個人、あるいは他の国の法律によって設立された組織であり、ベトナムに投資し、営業している。そして、外資金経済組織はベトナム法律に沿って設立され、1メンバー又は株主は海外投資家である。上記の概要によると、外資金経済組織は海外投資家と間違わなくなってきて、以前のような海外投資家に対する投資手続きを実施する必要がない。

自由営業の拡大: 近年、ベトナムは投資家を確保するために、営業活動の犯罪化を優先任務に見なしている。投資家は禁止されない業界に投資し、営業できる規定は投資家に確認されている。自由営業権は投資、営業を禁止される業界及び条件を持っている営業業界に関する投資法の修正規定で表す。

投資、営業を禁止する業界に対しては、投資法は「投資、営業の禁止リスト」を出してきた。つまり、投資家は投資法の第6条に規定された7つの業界以外、すべての業界を営業できるものとする。その7つの業界次の業界を含む。

  • アヘン
  • 化成品及び鉱物
  • 植物モックアップ、野生動物、危急で、希少な野生動物及び植物の標本
  • 淫売
  • 人、マウンド、人体部分の販売
  • 人間の無性生産に関する営業
  • 花火

 

条件を付けている営業業界に対しては、投資法に基づき、ベトナムにおける条件を付けている営業業界がそれぞれ投資法の付録4で具体的に規定された。そして、ベトナムはメンバーである法律、法令、議定、条約だけには条件を付けている営業業界の投資、営業の要求を規定している。現在、ベトナムの各省庁、ほかの国家機関がその機関によって許可した文書の新営業条件を出すことが出来ないようになってきた。投資法に附則する第7条、付録4におきて規定された条件を付けている営業業界が243つある。

でも、一年間実施にわたって、重複なので、このリストの幾つかの営業業界が開場された。それにより、2016年、ベトナムの国会は修正した投資法を許可し、条件を付けている営業業界を243に減少することにした。

投資形式:投資形式は投資法の第22条から第29条まで、議定118の第44条から第46条まで規定されている。海外投資家は以下の投資形式を選択することが出来る。

  • 外国系企業の設立(連携企業、外国系企業)
  • 資金の出し合い、企業の株式の購買
  • 経営協力契約書あるいは公的投資契約書

投資法の第22条に基づき、次の場合以外、海外投資家はベトナムにおいて設立する企業にて制限のない資金が所有できるものとする。

  • 公表企業、公衆企業、証券営業組織、証券投資基金
  • 株式化、あるいは他の形式による所有移転の国家企業

投資法の第25条に基づき、海外投資家は資金を出し合い、株式会社、有限会社、合併会社という経済組織の株式を購買できるものとする。

公的投資契約書による投資金額は投資法の第27条にて規定されている。この投資形式に沿って、投資家、プロジェクト管理会社はベトナムの有権のある機関と公的投資契約書を締結し、インフラ、公的サービス提供の工事を建設、改修、拡大、管理、運営の投資プロジェクトを実施するものとする。

政府の公的投資契約書という形式による投資に関する議定第15/2015/NĐ-CP 号は公的投資契約書形式について詳細に規定している。例えば、公的分野に投資する激励のために、建設・営業・移転、建設・移転・営業、建設・移転、建設・所有・営業、建設・移転・サービス賃借、建設・サービス賃借・移転、及び営業と管理契約書などの形式がある。

投資手続きの簡約:現在、発展途上国に海外投資が増えつつある。それで、ベトナムは海外投資家の投資手続きの簡約に関する一般的な要求について関心しないといけない。この問題を解決するのは実に大切である。新投資法は投資証明書の発行時間を短縮するものとする。

投資法はベトナム投資家の投資プロジェクトと海外投資家のプロジェクトと区別しない。法律に基づき、投資プロジェクトは投資主張決定権限に所属するプロジェクトと投資主張決定権限に所属しないプロジェクトがある。プロジェクトのそれぞれの詳細指導手続きと申込書は通達第16/2015/TT-BKHĐT号に規定されている。投資法第36条は次のように投資証明書は必要がない場合について規定する。

  • ベトナム投資家の投資プロジェクト
  • 資金出し合い、株式購買等の形式経済組織の投資プロジェクト
  • 次のような場合以外、経済組織を設立ための外国資金経済組織の投資プロジェクト、資金投資、株式購買、経済組織の出し合う資金の購買、経営協力契約書による投資である。
    1. 海外投資家は51%以上の資金を所有し、ほとんどの合併メンバーは海外投資家がいる場合。
    2. 海外投資家がいる経済組織は51%以上の資金を所有し、あるいはほとんどの合併メンバーは51%以上の資金を所有する海外個人の場合。
    3. 海外投資家及び海外投資家がいる経済組織は51%以上の資金を所有し、あるいはほとんどの合併メンバーは51%以上の資金を所有する海外個人の場合。

投資法の第37条に基づき、投資証明書は次のように短縮された。

  • 投資主張決定権限に所属するプロジェクトは投資主張決定の文書をもらう日から5日には投資証明書を発行される。
  • 投資主張決定権限に所属しないプロジェクトは有限のある機関が十分な書類をもらう日から15日には投資証明書を発行される。

投資法の第40条による投資証明書を調整する場合、十分な書類をもらってから、登録機関は10日に修正した投資証明書を発行するものとする。

さらに、海外投資ための環境を作るために、各市の計画投資局は投資部を設立し、投資登録手続きを指導するウェブサイトを作成する。一般的に、海外投資家をはじめ、すべての投資家にとって投資登録が簡単になってきた。

資金引出に関する規定

この数年間の困難があって、遅く進歩してから、資金引出という課題は国家企業の資金引出を手続くと目指して、政府の議事プログラムに一つの最も重要な課題になってきた。

2017年、ベトナムにおける国家企業の資金引出過程に影響を与える重要な政策と規定を持っている年だと評価される。2016年10月に718社の国家企業がまだ運営している。

議定第05-NQ/TW号、中央執行委員会、ベトナム共産党: 2016年11月11日、議定第05-NQ/TW号(議定05)公布された。この議定はベトナム経済成長モデルのイノベーション、成長質の改善、労働効率と競争能力の向上という目標向けの重要な政策を示す。義弟5は重要な文献であり、新たなベトナム政府に2020年までのビジョンの目的を設定した。議定5の政策は今後数年間にはベトナムの法律システムに影響を与えると予測される。

議定05に基づき、資金引出過程が期待のように達成してこなかった。この過程の資金引出を実施していた企業は国家資金を8%引き出すことが出来た。国家はほとんどの株式を所有している。それで、これらの企業の管理はほとんど変化しない。

議定05は次のように資金引出を行うために、政府に方法を確定してあげた。

  • 国家企業の資金引出を続き、大きな企業を中心を置いて、営業業界による企業資金引出範囲を決定し、資金引出を促進する。
  • 明白で、市場制度によって資金引出を促進する。
  • 国家資金と資産の損失を予防するために、監査、監督を促進する。
  • 合併、資産調達に関する監査制度を発展する
  • 最初の株式を販売してから、すべての資金引出を実施した企業は1年間には証券市場で公表されると確保する。
  • 金融能力がある戦略的な株式を誘致する。
  • 国家企業にて、管理が著しく変化する程度まで、株式の資金引出できる割合を増やす。

ベトナム政府首相の決定58/2016/QĐ-TTg: 2016年12月28日、決定第58/2016/QĐ-TTg号(決定58)は国家企業を分別するために基準を規定する。それはベトナムにおける資金引出の活動に影響を与える法的文書である。

決定58は2017年02月15日から有効になって、2016年~2020年の過程の資金引出を行う国家企業にとって役立つ情報を供給する3つの付録を付けているものとする。

付録 1は様々な営業業界の国家所有割合について規定する。

  • 国家企業は資金引出を実施してはいけない幾つかの業界が国防、治安、工業爆発物の生産・営業、宝くじ、新聞、航海安全、航空サービス、お金印刷、交通インフラの管理などに係る業界を含む。
  • 35%以上資金引出を実施してはいけない業界は空港、銀行の管理・使用、石油・鉱産の発掘、通信サービスなどである。
  • 50%以上資金引出を実施してはいけない業界は基本的な化成物の生産、航空運輸、米商売、石油と燃料、タバコの輸入、ネットのインフラを付けている通信サービス、電気小売などである。

付録 2 と付録 3 は国家企業のリストを表示する。

  • 資金引出を実施してはいけない企業(103 社)
  • 35%以下資金引出を実施する企業 (4 社);
  • 50%以下資金引出を実施する企業(27 社)
  • 50%以上資金引出を実施する企業(106 社).

20120617日、ベトナム政府首相の決定第929/QĐ-TTg号:決定第929/QĐ-TTg (決定929)ベトナムにおける資金引出過程に関する文書であり、「2011年~2015年の過程には経済グループ、国家経済企業を対象にして、国家企業の再構造を行う」という提案を承認した。

この決定は政府によって公布された管理文書であり、各省庁に2011年~2015年の過程の資金引出向けの目的及び方法を指導するものとする。

2016年末、ベトナム政府は決定を実施している資金引出過程について考慮し、見直した。考慮した後、政府は決定929を代わり、2016年~2020年の過程に対する新計画のための新決定を出した。この決定は政府首相によって承認され、許可された。

新決定を公布された時、国民は政府の2020年までの資金引出過程の計画にかかる情報をもっと把握できるようになった。また、この活動計画に基づき、投資家は法的文書を作成し、監査する各省庁の政策を予測できる

国家企業を株式会社に変化する議定の提案: 現在、財務省は、議定第59/2011/NĐ-CP号を代わり、国家企業を株式会社に変化する議定(議定提案)を作成している。この議定提案は資金引出過程に関する一つの重要な文書である。

展開してきた長い時間をわたって、議定59は制限点がある。投資法、企業法、各企業で生産、営業に投資する国家資金の管理・使用法などの変化なので、多くの議定59の規定が不適合になってきた。それにより、新議定提案は資金引出過程に促進すると期待している。

投資家に影響する議定提案の幾つかの重要な規定は以下のとおりである。

  • 戦略的な投資家は投資誓約を違反すれば、法的責任と補償責任を負わなければならない。戦略的な投資家に対する株式譲渡を制定する時間は3年間になってきた。 公開オークションの後、戦略的な投資家に対する販売するものとする。(公開オークションの前に、戦略的な投資家と交渉してはいけない。)
  • 価格の決定諮問社会の選択要求は詳細に規定される。外国の価格の決定諮問社会はベトナム国家企業の価格の決定過程に参加することが出来る。
  • 国家企業が資金引出を実施する際の最低10%の株式は公開オークションで販売される。通帳を作成する方法は新たな販売方法になる。価格の決定過程の前に、国家企業は有限のある国家機関に土地の使用計画を提出し、承認を申請しなければならない。